ドブリーデン(Dobrý den!)🤗
お家生活が長くなり、家でパンやうどん等こねる機会が増えました。
以前から粉を捏ねる際、テーブルや台の除菌にはチェコのウォッカ60%koskenkorva vodka)を愛用していたのですが、コロナの除菌にも使えるのか?をメモして置こうと思います。
IMG_1034のコピー


コロナ対策に推奨されている度数は70〜80%ないと効果がないらしいです。
という事で、結果はコロナ対策としては期待できなさそうです(^_^; )
ただ、インフルエンザやカビなどの除菌には効果あるようです。

日本に売っているキッチン除菌スプーレーは、45〜60%以下のものが多いようで

・カビキラー/キッチン用アルコール除菌 :60%以下
・フマキラー:45%程度
・トップバリュ:約58%

という事で、こちらのウォッカは程よい60%。
パンを捏ねる台などの除菌には良さそうです👍
アルコールは度数が高きゃ良いというものでもないようで、
90%以上あるポーランドのスピリタスとかは度数が高過ぎて揮発してしまい、菌の死滅に15秒前後必要な場合が多い為、その前に揮発するものは逆に効果は薄いそうです。
薄めて使うか、ドボドボ使えばいいかもしれませんが、引火すると危険なので要注意。


で、コロナ対策には何を使っているかというと、ドラッグストアなどに売っている除菌ジェルは勿論ですが、ジェルタイプは手がベタつく事があり本当はあまり好きではありません。

個人的に超気に入っているのが、毎年プラハヒルトンホテルで行われている、インターナショナル・クリスマス・フェスティバルのトルコ🇹🇷ブースで購入したコロンヤ。

IMG_1040のコピー

コロンヤはトルコではかなり一般的なレモンの香りのアルコールで爽やかなレモンとアルコールの香りで除菌目的というよりは香りを楽しむ定番商品なんですが、度数が80%というものもあり除菌としても効果を発揮しています。

レストランでは手に振りかけてくれたり、バスの中でも振りかけられたり、食べ物屋台にも常備しているところが多いです。
愛用している日本人も居たりするのですが、引火事件が起きたらしく、輸入が制限されて入手困難になった時がありました。そんなコロンヤ、トルコでは日頃から手の消毒や怪我の消毒に使う人もいるくらいどこの家にもポリタンクで常備する程の必需品なので、トルコで新型コロナの感染は意外に広がらないかも?
なんて思ったりして🤔(いや、確認してないのでわかりません)

IMG_1028のコピー

トルコのコロンヤをチェコで買う場合こことかここなどの通販で買えますが、その辺のスーパーとかには売っておりません。

チェコのスーパーで手軽に買えるものとして70度前後のアブサン酒というリキュールがあるので、これも使えるかも🤔と思ったのですが匂いが独特で結構微妙だと思いました。
また糖分が含まれているので、パンを捏ねる台を拭くには向いてないかなと・・・😅
ベタべタしそう・・・

という事で、結局パンを捏ねたりする時はウォッカを愛用しています😊
掃除にもなかなかいいです

テーブル除菌にはウォッカ。
コロナ対策にはコロンヤ。

という感じです

目的によって程よい濃度に薄めたりする必要はありますが
エタノールも薬局やチェコの通販で買う事ができます
成分は
Tenzid - naměřeno 0,15%, methylethylketon 1,10%, monoethylenglykol 1,8%, bitrex 1,30g/hl, isopropylalkohol 1,10%, hustota 0,816 g/cm3, ethanol 93,30%
100ml で70Kč位

では、またね〜Ahoj!🤗
↓応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ