ドブリデン(Dobrý den!/こんにちは 
100年以上の歴史がある伝統的なパブで、風刺小説「兵士シュヴェイクの冒険」を執筆した有名な 作家ヤロスラフ・ハシェクが度々ここを訪れたことで有名なレストランに来てみました。

DSC00530 2のコピー2

DSC00515 2のコピー
こちらの醸造所で作ったビール
フレッシュで美味しかった!

ヴィシェフラド城からも徒歩10分程のところにある、家族経営の小規模な施設で、敷地内には ビアホール、醸造所があります。
その中の醸造所のビールを扱うRestaurant U Bansethů と 隣のピボバーSousedský pivovar Bašta。
ビールはここで製造されたビールのみ。

Restaurant U Bansethů には ヤロスラフのお気に入りのテーブルが、当時のセットのまま今もあるそうなのですが、昼間からビールを飲む客で賑わい、店内が混雑していた為、写真は撮れませんでした

料理はチェコ料理のみ。
鴨肉のローストやシュニッツェル、牛のタルタルなど、チェコの伝統料理が堪能できます
本日のランチメニューがチェコ語だったので、お友達に助けてもらいながら以下を注文しました
DSC00520 2のコピー
チェコ料理の定番、スヴィチコヴァー
野菜の煮込みとホロホロに柔らかい牛肉

DSC00526 2のコピー
見た目は似てますが、ソースの味も全然違いました
仔牛の

DSC00514 2のコピー

DSC00512 2のコピー
結構な郊外なのですが、ランチからビールをガンガン飲む人達でこの賑わい、従業員もビールをジョッキで飲みながら働いていました


ピルゼン・ウルケル醸造所の証明書を持つ質の高いビールを作り続けている醸造所らしく、チェコ料理はもちろん、出来たての生ビールを飲むことができます。ビールの飲み比べなどもできるようです。
中でもアルコール度数12度のラガービールは、Czech Brewers’ Spring Prizeで優勝や、
数々の賞を受けているお墨付きの美味しいビールを飲む事ができます


DSC00509 2のコピー


Restaurant U Bansethů(レストラン)
営業時間: 月曜日~日曜日11:00~0:00


Sousedský pivovar Bašta(ピボバー)

↓応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ